エアコンクリーニングを依頼した時の準備について

エアコンクリーニングを依頼した時の準備について

エアコンクリーニングを依頼する際、事前に準備しておくべきことは何でしょうか?

 

事前準備を済ませておけば、当日のエアコンクリーニングの作業もスムーズに進むでしょう。

こちらの記事では、エアコンクリーニングを依頼する際、前もって準備しておいた方が良いポイントをいくつかご紹介します。

 

 

駐車場所と駐車代の確認

エアコンクリーニング業者は、クリーニングに使用する工具などを車に積んで来てくれます。

そのため、その車を駐車できる場所をこちらで確認しておく必要があります。

自宅に車が一台分駐車できるスペースがあれば問題ありませんが、無い場合は付近のコインパーキングを探しておきましょう。

時間通りスムーズに作業に取り掛かってもらうためにも、こちらで駐車場所を決めておき、当日はその場所を業者に伝えてあげてください。

また、コインパーキングの駐車場代は基本的に依頼者が負担するということが多いです。

心配だという方は事前に確認しておくことをおすすめします。

 

 

作業スペースの確保

作業スペースの確保エアコン下の作業スペースを確保しておきましょう。

業者がエアコンクリーニングを行う際には、脚立を使うケースがほとんどです。

その脚立を使うことを想定して、事前に畳一枚分くらいのスペースを空けておくと喜ばれます。

養生をする際にも、足場に家具や荷物が置かれていると養生シートの形が崩れてしまい、エアコン洗浄後の汚れた水が垂れ流されてしまう可能性もあります。

事前に余裕をもってエアコン下にスペースを空けておくことで、濡れてはいけない大切なものを守ることにもつながります。

ただ、エアコン下に大きな棚やテレビなどの重くて移動させにくいものがある時は、その旨を事前に伝えておくと良いでしょう。

業者の作業人数を増やしたり、養生の仕方を工夫したりといった対応を行ってくれます。

 

 

洗浄場所の確保

エアコン本体の部品は高圧洗浄機で洗浄していきますが、取り外せる部品は別の場所で洗浄を行う必要があります。

そのため、浴室もしくはベランダなどで水が使える状態にしておきましょう。

しかし庭やベランダに、ほこり・カビ・洗剤が混ざった汚水を流してしまうと土壌汚染などの危険性があります。

そのため、洗浄する場所としておすすめなのが浴室です。

浴室であれば、排水口に汚れた水を全て流せるため安心です。

浴室に置いているシャンプーなどを片付ける必要はありませんが、浴室床はある程度すっきりさせておくと広々使えるので良いかもしれません。

 

 

エアコンの型番やメーカーの確認

エアコンのメーカー確認可能であれば、エアコンの型番やメーカーを確認して業者に伝えておきましょう。

業者が知らない機種であれば、説明書などを読んで構造・機能を把握してからクリーニングに取り掛からなければなりません。

そのため作業時間が延長になってしまったり、追加で料金を請求させられたりすることもあります。

型番とメーカーは、エアコンカバーの底の左右どちらかに書いてあるため、一度確認してみてください。

またエアコンの使用年数についても伝えておくと良いでしょう。

10年以上経過しているものは、劣化によって比較的プラスチックの部分が壊れやすくなっており、作業中に破損しても劣化の問題になるため、保証がおりないということもあります。

 

 

 

 

おわりに

今回は、ハウスクリーニング業者にエアコンクリーニングを依頼する際の前準備についてご紹介しました。

作業を効率的に行ってもらうために、今回ご紹介した内容の前準備を行っておくと当日の作業がスムーズに進みます。

また上記に加え、近隣の住人へ事前にクリーニング作業による騒音などの呼びかけを行っておくと配慮があって良いです。

 

 

ページ上部へ