エアコンからの異臭を除去する方法をご紹介!

2021.06.28エアコンクリーニング

エアコンの異臭

エアコンからの臭いが気になったことはありませんか?

今回は、エアコンからの異臭を除去する方法をご紹介していきます。

 

エアコンから異臭がするのはなぜ?

エアコンは寒さ・暑さの厳しい季節になると必要不可欠なものになるでしょう。

しかし「そろそろエアコンを使い始めるか…」と電源を入れた途端、生ぬるい風とともに生乾きの臭い・酸っぱい臭い・ホコリの臭い・カビの臭いなどさまざまな異臭が漂ってくることがありませんか?

このような異臭がしてしまうと、空気を快適なものにしようと思っても臭いが気になって運転させることが億劫になり兼ねません。

一体、この異臭の原因は何なのでしょうか?

 

一番の原因は「カビ」

エアコンからの異臭の原因として、一番に考えられるのは「カビ」でしょう。

とくにカビの臭い・生乾きの臭いはエアコン内部にカビが繁殖し、それが原因となって異臭につながっていることがあります。

エアコンは部屋の空気を循環させる仕組みになっているため、エアコンをつけるとその臭いの原因も一緒に循環させてしまうようになるのです。

そしてその臭いの原因となる汚れがエアコン内部に付着し、それを栄養源にしてカビが繁殖していくのです。

 

そのほか「タバコのヤニ」「食べ物の臭い」が原因になっていることも

またカビ以外にも「タバコのヤニ」「食べ物の臭い」が異臭の原因をつくっている可能性があります。

食べ物の臭い・人の汗・タバコのヤニ・ペットのにおいなど、部屋で生活をしているといろんな臭いが充満するかと思います。

そんな臭いがエアコンにはもちろん部屋全体にも同じように染みついてしまい、時間が経つにつれて異臭へと変わっていくことがあるのです。

とくにエアコン内部のフィン・ファン部分は、タバコのヤニが張り付きやすいと言われています。

ヤニが張り付くとそこにホコリ・塵などの汚れが蓄積されるため、それがさらに強い異臭へと変わることがあります。

 

エアコンからの異臭を除去する方法

異臭の除去法

エアコンから異臭を除去するにはどのような方法が効果的なのでしょうか?

 

16度の冷房で1時間運転させる

エアコンを冷房の最低温度に設定して1時間ほど運転させると、エアコン内部に付着した臭いが結露した水に溶け込み、ドレンホースを伝い室外へと流れだしていきます。

これによって異臭を軽減させることができます。

窓を開けてこの方法を行えば部屋に充満する臭いを排出できるため、一層臭い除去の効果が上がります。

 

エアコンを運転させた後、10分間換気する

エアコンをしっかりと運転させ、その後10分換気を行うことで、エアコン内部のカビやホコリを外に放出することができます。

この方法を行うことで、とくにカビの臭いはそれほど残らないでしょう。

部屋の窓はしっかりと開けておくようにしてください。

 

臭いが取れなければプロにお願いするのも◎

業者に対処してもらう

上記の方法を試してみても臭いが取れないという場合は、プロの業者にエアコンクリーニングを依頼するのもおすすめです。

自分で無理にエアコンクリーニングを行おうとすると故障させてしまう可能性があります。

故障であればまだ良いのですが最悪の場合事故につながってしまうこともあるため、個人でエアコン掃除を行う場合は非常に注意が必要です。

プロの業者はエアコンクリーニングに関する知識や技術をしっかりともっているため、そのような心配は必要ありません。

また汚れの種類や状態によってクリーニング方法を適したものに合わせてもらえるため、汚れが残ることも、エアコン本体に傷がいくこともありません。

 

おわりに

今回は、エアコンからの異臭を除去する方法をご紹介しました。

エアコンから異臭がする場合、内部にカビが繁殖しているのかもしれません。

そのような場合にはぜひプロの力を借りて、エアコンクリーニングによってカビはもちろん臭いの原因を元から除去するようにしましょう。

安くて 丁寧 暮らしのサービス クラベルプロ

The following two tabs change content below.

クラベルプロ編集部

クラベルプロでは暮らしに役立つサービスを多数ご用意しています。 ハウスクリーニングやエアコンクリーニング、おうちのクリーニングのプロがお役立ち情報をお届けします。