エアコンクリーニングは室外機も必要なのか解説

2020.09.03エアコンクリーニング

エアコンの室外機

エアコンクリーニングと言えば、本体である室内機のクリーニングをイメージする方が多いと思います。

では、室外機のクリーニングは必要ないのでしょうか?

今回は、室外機クリーニングの必要性や、自分でできるクリーニングの方法などについてご紹介します。

 

室外機のクリーニングは必要?

室内機と室外機間では空気のやり取りを行っていません。

2つをつなぐ配管がありますが、これは室外機から圧をかけた冷媒ガスを室内機の熱交換器へ送り込むために使われる配管です。

室外機が汚れているからといって、室内の空気に影響することはないのです。

そういったことから、室外機が外観的に汚れていると思っても、クリーニングする必要はないと言えるでしょう。

 

業者に室外機クリーニングを依頼すべき場合

室外機のクリーニング

基本的に室外機のクリーニングは必要ありませんが、中にはエアコンクリーニング業者に依頼した方が良い場合もあります。

それは、室外機の内部にごみが溜まっていたり、異音がしたりするという場合です。

室外機を分解して内部のクリーニングを行うことは、専門的な技術が必要になってくるため、やはりプロのクリーニング業者へ依頼するのが安心です。

室外機の内部まで見るのが困難であれば、エアコン本体のクリーニング依頼をした際に、室外機のクリーニングもお願いしてみましょう。

 

業者に室外機クリーニングを依頼する際の注意

異常が起きた室外機のクリーニングはエアコンクリーニング業者に依頼するのが賢明ですが、室外機の設置場所や型番によってはクリーニングを断られるケースもあります。

設置場所が屋根の上・天井からの吊り下げの場合、クリーニングを行うことが難しく、受け付けを行わない業者もあります。

また、室外機の年式が古い・非常に複雑な構造機種などの場合も、年式や機種によって受け付けないこともあります。

気になる場合は、設置場所と型番を事前に業者に伝えたうえで、依頼をしてみてください。

 

室外機を自分でクリーニングする方法

室外機の掃除方法

室外機を出来る限り自分で綺麗にしたい!という方は、以下の範囲のクリーニングは可能です。

 

室外機表面

ほうきを使って、室外機の表面に付着した落ち葉や汚れを払い落としてください。

ほうきで掃いても落ちないものは、濡れた雑巾で拭き取りましょう。

特に風の吹き出し口となる網目状の部分に関しては、念入りに掃除しましょう。

網目にほこりや落ち葉が挟まっている場合は、掃除機で吸い出すのも良いでしょう。

使い古した歯ブラシを網目の間に挟み込み、汚れを搔き出していく方法もあります。

 

室外機周辺

室外機周辺に植木鉢や自転車などの物を置いて遮ってしまうと、冷暖房の効率が落ちてしまいます。

室外機の周辺は物を置かず、できるだけスペースをあけるようにしましょう。

また、落ち葉やごみが溜まるのを防ぐため、定期的にほうきで掃き掃除を行うのも良いですね。

 

室外機のフィン

フィンとは、室外機の裏側・側面にある金属板の部分です。

熱交換の役割があるため、この部分の隙間に汚れが溜まると冷暖房の効率が落ちてしまいます。

歯ブラシで汚れを搔き出す・掃除機で吸い取るのが効果的ですが、アルミ製のフィンに関しては大変デリケートなため、丁寧に優しく扱うことが大切です。

 

おわりに

今回は、エアコンクリーニングは室外機も必要であるのか、業者に依頼する場合や注意点、自分でできるクリーニングについてご紹介しました。

本来、室外機は外に置かれるのである程度汚れることを想定して作られているため、クリーニングの必要はないのです。

しかし、室外機に異常が起きた場合やどうしても内部の汚れが気になる場合、エアコンクリーニング業者に室内機・室外機共に依頼してみましょう。

自分でできる範囲で定期的にメンテナンスを行うことも、室外機を長持ちさせるポイントです。

 

安くて 丁寧 暮らしのサービス クラベルプロ

The following two tabs change content below.

クラベルプロ編集部

クラベルプロでは暮らしに役立つサービスを多数ご用意しています。 ハウスクリーニングやエアコンクリーニング、おうちのクリーニングのプロがお役立ち情報をお届けします。