ハウスクリーニング 引っ越し時のメリットとデメリット

2020.12.18ハウスクリーニング

引っ越し時のハウスクリーニング

引っ越しの際に、これまで住んでいた物件のハウスクリーニングを行うことは一般的となってきました。

しかし、引っ越し先の新居でもハウスクリーニングを依頼する方が良いのでしょうか?

今回は引っ越し時ハウスクリーニングを依頼するメリットとデメリットについて、ご紹介していきます。

 

【引っ越し前の物件】ハウスクリーニングのメリット

引っ越し前の物件にハウスクリーニングを行うメリットとして、「敷金が多く返金される可能性が高い」ということが挙げられます。

一般的にハウスクリーニングは、その物件の管理会社・大家さんが行う場合が多いです。

しかし、物件によっては敷金から退去後に行うハウスクリーニングの費用を差し引かれることがあります。

そのため、お手頃価格でハウスクリーニングを行ってくれる業者を見つけることができれば、返金される敷金の金額が増える可能性もあります。

もちろん部屋の状態を入居した時のように綺麗にしていなければ、敷金の返金額も少なくなるため注意が必要です。

キッチン・換気扇・浴室・トイレなどは生活汚れが溜まりやすい場所でもあり、そのままにしておくと敷金から大幅な金額が引かれることになります。

こういった箇所に関してはハウスクリーニング業者に重点的に掃除をしてもらうようにしましょう。

 

【引っ越し前の物件】ハウスクリーニングのデメリット

引っ越し前のハウスクリーニング

引っ越し前の物件にハウスクリーニングを行う際には、「すでにその物件と契約しているハウスクリーニング業者がある可能性」も考慮しておきましょう。

ハウスクリーニング業者の中には、物件と契約している業者もあるのが事実です。

契約しているにも関わらず個別にハウスクリーニングを依頼してしまうと、クリーニングを二重に行うことになる可能性もあります。

少しでもお得にするためにハウスクリーニング業者に依頼したとしても、結果敷金から通常のハウスクリーニング代も引かれてしまっては意味がありません。

自分自身でハウスクリーニングを依頼するという場合には、大家さんに事前に確認を取りましょう。

 

【引っ越し先の物件】ハウスクリーニングのメリット

ほとんどの物件では、前の住人が退去した後にハウスクリーニングが行われています。

そのため、新居ではハウスクリーニング業者に依頼する必要はありません。

しかし、「新居の割には意外と汚れている…」という場合も中にはあります。

クリーニングが不十分だと感じる場合は、除菌加工・虫よけといったサービスを行ってくれる業者もあるため依頼してみましょう。

入居前に行えば、綺麗で清潔な状態で新居生活を始められます。

 

【引っ越し先の物件】ハウスクリーニングのデメリット

引っ越し先のハウスクリーニング

引っ越し先の新居をハウスクリーニングするデメリットとしては前述の通り、すでにハウスクリーニングが行われた後である物件が多いため、自分で再度クリーニングを依頼してもあまり意味がありません。

ハウスクリーニングを業者に依頼することで、割高になってしまうことがデメリットと言えるでしょう。

それでもやはり汚れが気になる場合もあるかと思います。

そういった際には、業者に依頼するより、自分で掃除を行う方が安い費用で済むでしょう。

入居前にどうしても気になっている汚れがある場合は、大家さん・不動産会社にその汚れを伝えましょう。

汚れによってはもしかすると、再度ハウスクリーニングを行ってもらえる可能性があります。

 

おわりに

ここでは、引っ越し時にハウスクリーニングを業者に依頼するメリットとデメリットについてご紹介しました。

引っ越しのときハウスクリーニング業者にクリーニング依頼をすれば、自力ではなかなか綺麗にならない部屋も一気に美しく仕上げてくれます。

しかし引っ越し時にハウスクリーニングを依頼する際には、その物件の状況をきちんと確認してから依頼するようにする方が良いでしょう。

 

安くて 丁寧 暮らしのサービス クラベルプロ

The following two tabs change content below.

クラベルプロ編集部

クラベルプロでは暮らしに役立つサービスを多数ご用意しています。 ハウスクリーニングやエアコンクリーニング、おうちのクリーニングのプロがお役立ち情報をお届けします。