【トイレクリーニング】ウォシュレット掃除について

【トイレクリーニング】ウォシュレット掃除について

トイレを使用する際、ウォシュレットを何気なく使う方も多いと思います。

しかし便器などの掃除はしていても、普段はしまわれているウォシュレットの掃除については忘れがちになってしまうという方もいるのではないでしょうか?

水垢や跳ね上がりの汚れがついたままの状態で放置してしまうと頑固な汚れとなり、通常のクリーニング方法では落としきれなくなることもあります。

トイレクリーニングを行う時には、併せてウォシュレットの掃除も行うようにしましょう。

今回はウォシュレット汚れの原因と掃除頻度・ノズルを引き出す方法・掃除方法についてご紹介します。

 

 

ウォシュレット汚れの原因と掃除頻度

ウォシュレットは掃除を行わずとも、自動的に綺麗になっているように思われがちです。

ただしウォシュレット掃除を行わないと、尿や便などの汚れがついたままの状態になっていることも。

特にウォシュレットの温水の勢いを「強」に設定していると、そのような排泄物の跳ね返りがよく付着してしまいます。

またトイレは元々湿度が高いため、カビなどの菌が繁殖しやすい環境になります。

可能であれば、月に1度のペースで掃除を行うと良いでしょう。

 

 

ウォシュレットのノズルを引き出す方法は?

ノズルの引き出し方ウォシュレットノズルを引き出す方法としては2通りあります。

 

手で引き出す

ノズルにボタンが付いていない場合は、手でゆっくりと引き出します。

ただ衛生面を考えると直接触れるのは良くないため、ゴム手袋をするかトイレットペーパーなどの紙を添えながら引き出すのが良いです。

ノズルの先端部分の突起を手前に引き出すだけなので簡単ですが、勢いよく引っ張ってしまうと故障につながるため慎重に引き出すようにしましょう。

 

ノズルの掃除ボタンを押して引き出す

近年のウォシュレットはほとんど「ボタン式」で出てくる仕組みです。

操作パネルに「ノズルおそうじ入・切」や「ノズル掃除」のボタンがあり、これを押すことによって自動で出てくるようになります。

 

 

ウォシュレットの掃除方法

ウォシュレットの掃除方法ノズルを引き出したあと、早速ウォシュレット掃除を始めていきましょう。

掃除方法は「簡単に掃除する方法」と「丁寧に掃除する方法」に分けて説明いたします。

 

ウォシュレットを簡単に掃除する

ウォシュレットを簡単に掃除する方法としては、お掃除シートでこすりながら拭いていく方法です。

頑固な汚れでなければ、この方法で十分に綺麗になるでしょう。

お掃除シートをトイレに置いておけば、ウォシュレットを使用した後にサッと軽く拭くこともできるため清潔に保てるでしょう。

 

ウォシュレットを丁寧に掃除する

お掃除シートで拭いただけでは汚れが取れないという場合は、もう少し念入りに掃除する必要があります。

丁寧に掃除するために用意するものは、「お掃除シート・中性洗剤・歯ブラシ」の3つです。

まず引き出したウォシュレットに中性洗剤を拭きかけ、歯ブラシなどの細かいブラシで穴の汚れをかき出します。

最後にお掃除シートでしっかりと拭き取れば掃除完了です。

 

ウォシュレットノズルの収納口も掃除する

またウォシュレットはノズルだけでなく、ノズルの収納口も掃除することが大切です。

ノズル収納口のシャッターを取り外すことができるトイレであれば、シャッター内部のつまみを手前に引っ張り、取り外してみましょう。

シャッターを外した後は、トイレクリーナーで収納口内部を拭き取れば完了です。

外せない場合でも、便座部分が着脱可能なものであれば外して掃除ができます。

その際は無理に外さず、説明書を見て外し方を確認してから外すことをおすすめします。

 

 

 

 

おわりに

今回はウォシュレット汚れの原因と掃除頻度・ノズルを引き出す方法・掃除方法についてご紹介しました。

ウォシュレットの温水は身体に直接触れるものなので、ウォシュレット自体も清潔に保ち続けたいところです。

1ヶ月に1度程度正しい方法で掃除を行い、ウォシュレットに付着するカビや菌の繁殖を少しでも抑えていきましょう。

 

 

ページ上部へ